京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年01月08日

明けましておめでとうございます。

謹賀新年
今年もよろしくお願いします。

1月9日より通常のトレーニングレッスンです。



体幹

 体幹がヒョロヒョロでも、脚が強ければしっかりと前に出るのか!?〜とい
うと、実はそれはなかなか難しいものです。

 脚が前に出る!というのは、支点があってこそのことで、脚が胴体につなが
っている=胴がその支点になっているわけです。体幹が弱いと、その支えが効
かないわけですから、物理的に「糠に釘」みたいになっちゃうわけですね。

 腕を振るというのも、この体幹を支点として脚に力を加えるテコのような作
用をもたらすものです。その体幹が糠なわけですから、腕をいくら強く振って
も、力が伝わっていかない…。脚も腕も、フニョフニョの糠に、ただ差し込ん
であるだけ…。

 手足をジタバタ振り出しているだけで、なかなか効率良く前に進まない走り
方(一部では「テンちゃん走り」と言われています)は、こういうことが原因
だとされています。

 そこで一流選手です。誰もが体幹が普通に強い!が、長い年月の間に自然に
鍛えられているので、自分たちの体幹が強いとは思っていない…。普通です、
普通。だから市民ランナーの走りを見ても、なんであんなにジタバタ走ってい
るのか分からない…ということもありますね。

 腕の振り方や足の出し方もさることながら、体幹をきちんと鍛えないとそれ
らも活きてこない!ということで、まずはそうところをしっかりとやった方が
良いわけです。


 少し前に話題となった、腕を振らない「忍者走り」─これも体幹の強さがな
せる技です。まあ、マラソンレースペースなんて、そんなに速いわけではない
ので、腕を降って大きな力を脚に伝えることもない〜というのが根本にありま
すが、それでも脚が前にしっかり出るのは、やはり体幹が支点となる力が強い
からです。

 良くも悪くも、「見て学ぶ?」市民ランナーが、考えなしにそのまま真似し
ても上手く行かない〜というのは当然のことですね。
 



あなたはもっと速く走れます。
~健康とスポーツを科学する~http://fit-tec.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【フィットネス テクノロジー】

取締役 ストレングス&コンディショニングコーチ
ランニング学会認定ランニングコーチ         澁谷 和久
大原スポーツメディカル専門学校講師
東洋医療専門学校講師
日本体育協会公認パワーリフティング指導員
日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ
NISAQ認定SAQインストラクター

京都市南区吉祥院石原西町12-3   日産工業2F
電話 075-662-2010
FAX  075-681-4717
Eメール https://ssl.hp4u.jp/contact/site:fit-tec
滋賀支社  滋賀県彦根市竹ヶ鼻町631
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



Posted by スピードシード at 19:58│Comments(1)
この記事へのコメント
やっぱり運動は大事ですね。
人間の基本ですね。
かつらえいじ
Posted by guildguild at 2018年01月08日 23:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。